四季 2012/03/13




雪解けの合間から、

ひょっこりフキノトウが顔を出します。

雪の下で耐えていたフキノトウは、

灰汁が少なく、やわらかく、とてもおいしい・・。

ちょろちょろちょろ、雪解け水の小さな小川がたくさんできます。

その小川に水芭蕉が咲きます。

白樺の新緑は日に透き通る黄緑り色。

小さな葉っぱたちがかわいい春です。






紫陽花とコスモスが一緒に咲きます。

朝夕は肌寒く、

夕暮れとき、

ヒグラシは鳴きます。

太陽をいっぱい浴びた高原トマトは、

真っ赤に育ち、

甘く体を潤します。

足湯にたくさんの人が集い、

山登り、釣り、キャンプ、

お祭り、温泉、夕涼み、虫とり、

短い夏を堪能します。






白樺の葉は黄色く、

楓は赤や紫に、

山葡萄の葉は赤く色を変えます。

ススキは伸び、

キノコがたくさん採れます。

山栗も山葡萄の実も、トチの実もブナの実もたわわになり、

冬眠に備えた熊たちが盛んに食べます。

山栗と山葡萄は、

わたしたち人間も盛んに食べます^^;






3メートル、4メートル、雪は積もります。

スキー場はたくさんの人で賑わいます。

降り続いた雪が止み、

晴れわたったは朝はキーンと空気がはりつめます。

真っ青な空に、

樹氷や空気はキラキラ輝き、

白銀の妙高山はまるで神様に見えます。




ネイチャーシティー妙高、

あと3回の放送となりました。




いくのふ